このボタンをクリックすると組曲あふりねが流れます
       組  曲
     「 あ ふ り ね 」
 
相陽中学校生徒会  作詞・作曲

林         梓   補作・編曲

あふりね1部  あふりね1部 ソプラノ  あふりね1部 男声 *パート名をクリックすると流れます。
 あふりね1部 伴奏  あふりね1部 アルト
第1部「願いをこめて」

清き川面に 光遊ぶ
永遠の流れを 見下ろして
紫のあふりねは 今 目覚める
風健やかに 桑の葉をひるがえし
人穏やかに 微笑をかわす

この土地を 縄文の世から
愛し 住み付いてきた
豊かな実り 生きる喜び
木造の 小さな校舎を
人々は建てた 相模原の
太陽となれと 相陽と名付けた
この林 切り開こう
この土地を 掘り起こそう
生きる喜び 豊かな実り
人々の 願い込め
人々はたてた 相模原の
太陽になれと 相陽と名付けた


清き川面に 光遊ぶ
永遠の流れを 見下ろして
紫のあふりねは 今 日覚める
風健やかに 桑の葉をひるがえし
人穏やかに 微笑をかわす
第2部「あふりねってなんだ」

あふりねってなんだ なんだろな
アスファルトがまぶしい まぶしいぞ
どこでも工事中 工事中
いそげよいそげよ いそげよ
がんばれがんばれ がんばれがんばれ


あふりねってなんだ 見上げるものもない
ものもない
時代に遅れるぞ 遅れるぞ
時代に遅れるぞ 遅れる
みんながバラバラ みんながバラバラ


時間の流れは 押しとどめられない
田んぼをつぶして 家がたち並ぶ
いそがしいんだよ いそがしいんだよ


大勢いたって みんな知らん顔
知らん顔
テレビの前で 車の中で
ひとりばっちだよ ひとりばっちだよ
第3部「嵐の日」

吹き荒れる嵐 雲が渦巻く
木々がどよめく
わたしたちは 道を失った 失った
頂きを目指す 確かな道を


吹き荒れる嵐 いつわりの日々
冷えきった心
わたしたちは 友を失った 失った
互いの心に 通じ合う道を


吹き荒れる嵐 頂きを忘れ
流される日々
わたしたちは 自分を失った 失った
学ぶことを嫌い ただいらだっていた
Ah−
第4部「一人が立ち止まる」

白銀の山頂は
厳しく気高い 見つめる自分の
うそが消え素直になる Ah一
心が洗われていく


一人が立ち止まる
暗い表情に きらりと目が光る
真実をみつめるのは
大きな勇気がいる


一人が立ち止まる
考え続けた 願いを口にする
自分をすばらしいと
豊かなものにしたい


一人が立ち止まる
流される日々 それでいいのだろうか
困難を乗り越えよう
互いに手をさしのべ


一人が立ち止まる
二人が立ち止まる
みんなが立ち止まる


白銀の山項は
厳しく気高い
目をそらすな 真実を見つめ続ける
勇気をくみ取るのだ
雪のまぶしさに 耐えるものだけが
真実を見つめられる Uh− Ah一−
第5部「未来にはばたく」

清き川面に 光遊ぶ
永遠の流れを 見下ろして
紫のあふりねは 今 目覚める
風健やかに 桑の葉をひるがえし
人穏やかに 微笑をかわす


過ぎたものは皆 美しく哀しい
わたしたちは この時をもっと
美しくしたい
わたしたち わたしたち これからもっと
美しくしたい


過ぎたものの上に これからを築こう
あふりねの 確かな姿に
真理をつかもう
わたしたち ぼくたちは この時をもっと
正しくしたい、正しくしたい

過ぎたものを越えて この地を離れても
あふりねは わたしの心に
いつもそびえている
わたしたち ぼくたちは この時をもっと
大切にしたい 大切にしたい
わたしたち ぼくたちは いつまでもずっと
あふりねを忘れない Ah−
あふりね5部
あふりね5部 伴奏 
あふりね5部 ソプラノ 
 あふりね5部 アルト
 あふりね5部 男声
 *パート名をクリックすると流れます。
 
 
Copyright (C)SOYO Junior High school All Rights Reserved.