学校概要
学校沿革 学校教育目標
 
相模原市立相陽中学校  〒252-0327 神奈川県相模原市南区磯部1540番地 
電話 042-778-0330 / FAX 042-777-0804
 


    学  校  の  概  要

1.学 校

(1)学 校 名 神奈川県 相模原市立相陽中学校
(2)所 在 地 神奈川県相模原市南区磯部1,540番地
(3)電   話 (042)778−0330
(4)F A X (042)777−0804
(5)創   立 昭和26年4月1日
(6)施設の概要 校地面積 30,965u (運動場面積 11,455u)
鉄筋コンクリート造3階建て4棟
プレハブ棟平屋造1棟
普通教室 保健室 図書室 PC教室 多目的室
理科室2 音楽室2 美術室2 技術室2 家庭科室2
屋内運動場 (格技室) プール
















2.学区の概要及び学校の特色

   新学校制度施行後の昭和24年に前身である新磯中学校と麻溝中学校が創立され、3年後の昭和26年に両校が統合し、相陽中学校として開校された。西方に丹沢の山々が広がる相模原台地の下段に位置しており、眼下に流れる相模川に沿って豊かな自然が残る。相模の大凧、帆掛け舟、勝坂遺跡等の文化遺産も多く、麻溝運動公園を始めとした公共施設にも近い。愛川相模原ICにも近く、観光、文化、産業面でも将来性が期待される地域である。
 本校は学区が大変広く、相模線を利用した電車通学や自転車通学も許可している。また、この地にも近年宅地造成やアパートも増え、生徒数も創立当時に比べ飛躍的に多くなってきた。学区内では児童数の急増に対処するため、平成14年4月に夢の丘小学校が新設され、現在では麻溝小学校、新磯小学校を合わせた3つの小学校から生徒が通学している。生徒数、教職員数でも、学校の敷地面積、学区の面積等においても、市内有数の大規模校である。
 特色ある取り組みとしては、昭和62年に生徒会が中心となって作詞・作曲した合唱組曲「あふりね」は、相陽中の歴史を一大叙事詩である。生徒により今なお様々な場面で歌い継がれていて、生徒会の伝統となっている。

3.教職員数

(令和3年4月1日現在)

職 種 校  長 副校長 総括教諭 教 諭
人 数 41
職 種 総括養護教諭 養護教諭 拠点校指導員 非常勤講師
人 数
 職 種 事務職員 青少年教育
カウンセラー
技能員 介助員
 人 数
 職 種 図書整理員 支援教育支援員 ALT スクールサポート
スタッフ
 人 数 1  2  1  2 

4.生徒数
          
(令和3年4月1日現在)

  1学年 2学年 3学年
生徒数 270 334 279 883
学級数 22

Copyright (C)SOYO Junior High school All Rights Reserved.